1. ホーム>
  2. 観る>
  3. へいさんぼう

観る

へいさんぼう

へいさんぼうかすみがうら市牛渡の鹿島神社の祭礼で、5月5日「お田植祭り」として行われる神事。飾り立てた苗代鞍の馬1頭を脚絆、草鞋姿の4人が拝殿まで引き回す。そのうちのひとりが「平三坊(へいさんぼう)」と呼ばれる老爺の役で、顔にはすすを塗り鍬をかついでいる。
以前は平三坊が独立していて、2人の妊婦姿のおかめが登場し、性の営みのしぐさをするというおおらかなものであった。ひとの子をはらむことと、稲穂がはらみ豊かに実ることを結びつけた祭事である。平三坊が苗を配る真似をして豊作を祈ると、次に神主と2人の早乙女(少女)が豊作と健康を祈る。


スマートフォン用ページで見る